2021年1月26日

 Web集客

【稼働率アップ】キャンプ場の集客をしたいとき

自然の中で過ごす時間は、ホテルや民泊などと違った感覚を与えてくれます。ですが、いまの日本は、空前のキャンプブームの中にありながらもキャンプ場やコテージなどアウトドア宿泊施設の稼働率は意外にも14%と、非常に低い現状にあります。

キャンプ場の集客-1

キャンプ場などの運営事業者は、低い稼働率を上げるためにどのような対策を打つ事ができるでしょうか。一般的には宿泊施設予約サイトや、SNS、雑誌への掲載など色々な方法があるでしょうし、すでに導入されている事業者もいる事でしょう。

まだ導入をしていない事業者にとって、導入を踏みとどまっている理由としては、「どのように集客したらいいか分からない」、「コストの負担がきになる」など様々な理由があるでしょう。

今回おすすめしたいサービスは、アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」での集客です。

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」とは?

キャンプ場の集客-2

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」は、北海道から沖縄まで日本全国のキャンプ場やコテージ、グランピング施設を一つにまとめまた、アウトドアに特化した予約サイトです。

TAKIBI

キャンプ場PR機能

キャンプ場集客・アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」-1

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」では、他にはないキャンプ場やコテージ、グランピング施設のロケーション情報、各種施設詳細、クチコミ情報など詳しい情報をサイト訪問者へ伝える事ができます。

キャンプ場集客・アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」-2

キャンプ場を選ぶ際に知りたい情報などが集約されているため、利用者である見込み客はもちろんのこと、マーケティングとしてのツールとしてキャンプ場などの運営事業者にとっても便利なサイトになっています。

使用するメリットは?

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」へ施設を掲載することで得られるメリットには、以下のようなものがあります。

365日24時間の宣伝

ウェブサイトに掲載すると、サイトやサーバーのメンテナンスが無い限りは常に稼働しているので、スタッフや従業員が就業していない間に見込み客からのアクセスがあっても施設の情報を伝える事ができます。

今や、ほとんどのサービスや事業についての情報はほとんどがネット上に掲載されているので、掲載するのは土俵に立つのと同じぐらい重要な手法です。

ネット環境のある人全てに宣伝

ウェブサイトは、ネット環境が整っている人が対象になっています。今はほとんどの方がウェブサイトを利用できる環境が整っているので、掲載する事で地域にとらわれず全世界中の見込み客へアプローチができます。

また、既存利用客が情報を共有することが容易になるため、情報の拡散も期待する事ができます。

的確に対象ユーザーへアプローチ

一般的な宿泊施設の予約サイトでは、リゾートホテルやビジネスホテル、バックパックなど様々なニーズからなるアクセスが多く、アウトドアとしての宿泊目的のニーズの割合はおのずと少なくなります。

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」は、アウトドアに特化している予約サイトの為、ユーザーのニーズと、掲載元のニーズがマッチしやすくなっているためアクセスから予約までのプロセスに期待する事ができます。

追加・変更が無ければ宣伝に人件費がかからない

最初には掲載するときには情報をまとめて整理する必要があるためもちろん人件費や作業時間はかかりますが、一度掲載を済ましておけば、プランの追加、変更などが無い限りは費用が掛からず、無駄な人件費や作業が必要ありません。

もちろん、予約管理などの作業時間や人件費はこれまで通り必要になります。

低コストで運用できる

後述しますが、自社でウェブサイトを運用すると思わぬ費用と時間がかかります。アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」の場合は、予約後の成果報酬のみで運用できるのでコスト面で優れています。

クレジットカードの決済手数料がかからない

クレジットカードの決済を導入する時、決済手数料が一般的に必要になります。アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」はこの決済手数料がかからないので、自社サイト内に導入するより安く活用することができます。

TAKIBI

使用するデメリットは?

一方、アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」を利用する場合のデメリットには何があるでしょうか。

コストがかかる

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」はすべてが無料という訳ではありません。

成果報酬のみ

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」を通して予約を受けた場合は、この予約後にを履行することで成果報酬が発生します。つまり、予約後の履行が無ければコストはかかりませんが、予約後に履行されればコストがかかります。

一般的には、掲載時または月単位でコストが発生することが多いので、成果報酬で設定されている点を考慮すると大きなデメリットとは言えず、むしろ安心して利用する事ができます。

手数料は7%

一般的に、サービス利用料やポイント負担、そのた様々な名目で手数料がかかることが多く、施設に宿泊できる客室(テントサイト)の予約の分その割合が大きくなってしまう事が多いのが現状です。

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」では成果報酬としてのコストは7%の設定になっています。この設定が高いか安いかについては、他のサイトへの掲載を予定している場合はその見積などと比較してみることをおすすめします。

すでに別サイトで掲載をしている場合

現在別のサービスサイトを利用して集客をおこなっている場合は、アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」への掲載を導入することにおいて弊害が無いか気になるかもしれません。

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」では仮予約となる

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」から予約が行われると、この予約は仮予約としての扱いになります。仮予約を受理後に、本予約という流れになります。

客室やテントサイトが他サイトからの予約で埋まってしまい空きがない場合は予約を承ることができなくなってしまいますが、既存のサービスと併用して利用する事ができます。

アウトドア宿泊施設のネット集客を検討している場合は採用した方が効率がいい

施設の集客としてネットの運用を検討している場合は、アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」を採用することが効率いいと言えます。

キャンプ場の集客-3

自社でやると意外にコストのかかるネット集客

例えば、集客を目的として自社でまたは依頼してウェブサイトを作成・運用する場合、それなりの時間的、金銭的なコストが発生します。

コンテンツの作成

宿泊施設についてのコンテンツの整理や構築を行うのは、SEMを行う上で非常に重要なポイントです。この作業は、SEMの経験や知識が無ければ思うような効果を上げる事ができません。

自身が考えるキーワードで見込み客は検索するのか?

例えばキャンプをしようと計画している人が、キャンプ施設名を知っている人と、キャンプ施設名を知らない人では、検索ワードが異なります。施設名が知られているのであればある程度の内容で検索順位の上位を維持できるかもしれませんが、そうでない場合はおよそ「地名 キャンプ」といったような検索ワードになるでしょう。

宿泊施設に限ったことではないですが、自分でコンテンツを検証するも、見込み客の検索ワードが異なれば、思うような成果を上げにくく、途中で結局業者へ依頼する形になりがちです。

専門業者もタダではない

コンテンツの作成は専門業者がプロとして、ビジネスとして請け負う形になることがほとんどではないでしょうか。業者に依頼を行う事で、もちろんコストが発生するので結局は手数料7%の額を超過しがちと予想できます。

サーバー、ドメインなどの維持コスト

ウェブサイトの維持には、どうしても2つの費用が掛かります。サーバー維持費とドメインの維持費です。これらはそこまで高額ではありませんが、自社でサーバーを構築しているような業者以外は、運用している以上確実にコストが発生します。

リスティングなどをしなければ即時性が無い

1から作り上げたウェブサイトである場合、コンテンツがネットワーク上に浸透するのに時間がかかります。ウェブサイトは、検索をして表示されるにはそのサイトが検索エンジンのインデックスに登録されている必要があります。

リスティングなどを行わなければ、今日公開しても、その日に検索して(オーガニックな)検索結果に並ぶという事にはなりません。もちろんリスティングにはコストがかかります。

稼働率UPを検討しているなら採用してみよう

キャンプ場の集客-4

アウトドア宿泊予約サイト「TAKIBI」は、月額の費用が掛からないので、採用してみる価値が十分にあると言えます。気になる手数料にしても、高額とは言えない金額で設定されているので、安心して長く利用する事ができます。

キャンプやコテージなど、都会の喧騒から離れて自然の中で時間を満喫する娯楽が今注目されているので、この波に遅れないよう施設の集客を行い、稼働率を上げるためにも、早めの掲載を検討してみてはいかがでしょうか。

TAKIBI
NOTICE
このページは2021年1月26日に作成されています。閲覧時期によっては情報が古い可能性があります。免責事項をご確認ください。

関連記事

このページのTopへ