2019年3月8日

 WordPress 導入

【WordPress導入編】Step 08 投稿と固定ページ

「Chapter 03」までの設定が完了したら、運用するサイトの骨組みが出来上がったことになります。そして、次はいよいよサイトのコンテンツを作成していきます。

「コンテンツ」とはサイトで発信する情報の事です。ブログであれば日々の出来事を綴った記事、イベントサイトやニュース、情報発信サイトなら該当の情報、レビューサイトならばレビューがコンテンツに該当します。

このコンテンツを新規作成、追加、編集などをする方法がWordPressには大きく分けて2通りの方法があります。あとから改修をしたり、テーマを変更したりする際に手間がことなりますので、コンテンツを作成する前に、この違いを理解しておくことは大切です。

1 投稿

「投稿」とは新しい情報を次々に公開していくタイプのページです。
頻繁に情報を発信するのに向いているタイプのページなので、ブログでは日記に該当します。企業サイトなどではお知らせや新製品情報など、日々変化する情報の発信に向いています。

このStep-01では詳しく説明しませんが、「投稿」は「カテゴリー」や「タグ」を含め、さらに時系列で操作しやすい情報をWordPressの裏側で多く保持しているので、日々発信する情報は投稿で作成していくのが最も理にかなっています。

2 固定ページ

「固定ページ」は投稿とは逆に更新頻度が低い情報に向いているページです。
更新頻度が低い情報とは、例えばブログなどではブログの著者の情報、企業サイトでいえば会社概要や免責事項などが該当するでしょう。

「固定ページ」は、変化はあっても毎日変化するようなものではなく、変化が少ない情報を提供するページに向いています。

「投稿」には「カテゴリー」や「タグ」を設定できますが、「固定ページ」ではこの設定がデフォルトではできません。代わりに「ページ属性」という項目が設定できます。「ページ属性」とは、例えば企業サイトであれば下のような構成にすることができます。

上の例では、「ページ属性」を「企業情報」に設定した「経営理念・沿革・会社概要・支店一覧」のページが、「企業情報」の下に配置されることになります。
変化の少ない情報を、グループに分けて構成するのに役立つという事です。

3 投稿と固定ページの違い

ここまでのStepでわかる、投稿と固定ページの違いは以下のようになっています。

機能投稿固定ページ
カテゴリー×
タグ×
ページ属性×

もう少し進むと更に異なる点がたくさん出てきますが、一度にたくさん理解しようとしても忘れてしまっては意味がないので、このStepではここまでにします。

4 投稿と固定ページの共通点

4-1 アイキャッチ画像

「アイキャッチ画像」とは、サイトを訪れた人が一番最初に目に触れ、興味を持たせる画像で、WordPressではページ・記事の雰囲気や要約したイメージを設定することができます。

例えば、下の画像のウェブサイトの場合、記事のタイトルの下に大きく張り出された画像がアイキャッチ画像になっています。

記事のタイトルと、アイキャッチの画像を設定することで、これから「記事を読む人がどのような情報をこの記事で得ることができるのかという、雰囲気を与える」ことができます。

4-2 パーマリンク

「パーマリンク」とは、URL末尾の文字列でWordPress各記事には、この文字列を指定することができます。パーマリンクを設定することで、記事URLに単語を含めることができるようになります。(別途設定が必要です)

4-3 ディスカッション設定

「ディスカッション設定」とは、コメントフォームを編集しているページに実装するか、実装しないかを設定することができます。

ディスカッション設定を実装すると、WordPressのダッシュボード左メニューの「設定」→「ディスカッション」の一番上のメニューにある「投稿のデフォルト設定」でコメントを受け付けない設定にしていても、コメントを受け付けるようになります

また、ここまでのStepでは関係ありませんが、自作テーマの場合、コメントフォームを実装するファイルを作成しなければ「コメントを許可」にチェックを入れてもコメントフォームは表示されません。

4-4 ここまでの共通点

「投稿」・「固定ページ」の違いと同様、もう少し進むと更に共通する点がありますが、このStepではここまでにします。

機能投稿固定ページ
アイキャッチ画像
パーマリンク
ディスカッション設定

次のStepでは「投稿」するときに設定する「カテゴリー」の作成方法を実践します。お疲れ様でした。

NOTICE
このページは2019年3月8日に作成されています。閲覧時期によっては情報が古い可能性があります。免責事項をご確認ください。
このページのTopへ