2019年3月1日

 WordPress 導入

【WordPress導入編】Step 01 WordPressをインストールする

WordPressをインストールする準備が出来たら、早速実践してみましょう。用意ができていないのであれば、前のチャプターに戻り準備を済ませてください。

サーバーは、Xserverのレンタルサーバーを前提にしています。
(Xserverには、コントロールパネルからWordPressのインストールができますが、ここでは自分でインストールする場合の説明をします)

1. 最新のWordPressをダウンロードする

公式サイトから、最新のWordPressをダウンロードします。公式サイトは、こちらのリンクからアクセスできます。

不具合の対応やセキュリティ上の理由で、出来るだけ最新版をおすすめしていますが、以前のバージョンが好ましい場合はこちらからバージョンを選択し、リンクをクリックすると選択したバージョンのWordPressのダウンロードが開始されます。

公式サイトのメニューバーの右上にある、「WordPressを入手」ボタンをクリックするとダウンロードが開始します。

2. ダウンロードファイルを解凍する

ダウンロードしたファイルは、自分で選択しない限りzip形式のファイルになっています。お手持ちの解凍ソフトで解凍できるはずなので、解凍してください。

解凍が完了すると下のようなファイル構成になっています。インストールには必要がないファイルもありますが、今回はそのまま使用します。

3. 解凍したファイルをサーバーにアップロードする

FTPソフトを使用し、解凍したファイルをサイトのルートフォルダに全てアップロードします。通信環境によっては少し時間がかかるかもしれません。

初めて作成される方で、サブドメインなどを運用していないのであれば、Xserverの場合、初期ファイルが設置されていると思います。この初期ファイルなど、インストール時にWordPressのプログラムが干渉する可能性があるファイルは削除しておいて下さい。

また、WordPressのディレクトリ構成を変更したい場合は、別の手順が必要になりますので、手順を先に済ませてください。

サイトのルートフォルダとは、運用するサーバーのディレクトリ直下です。

例えば、Xserverで「test.com」というウェブサイトを運用する場合、ドメイン名のフォルダがサーバー名の下に設置されています。ドメイン名が「test.com」なので、ルートディレクトリは「test.com」のフォルダの中にある、「public_html」というフォルダがルートディレクトリになります。

ルートディレクトリのパス (Xserverの場合)

/home/サーバーID/test.com/public_html

アップロードが完了したら、下の図のようにファイルがそのまま表示されるはずです。

4. 作成したドメインにアクセスする

ご自身で作成したドメインにアクセスしてみてください。例えば、ドメインが「test.com」であれば、ご使用のブラウザのアドレスバーに「test.com」と入力し、エンターを押してください。

アクセス出来たら、下のような画面が表示されるはずです。

Chapter 2 で準備したデータベースの情報を用意してください。用意化が完了したら、「さあ、始めましょう!」をクリックして先に進みましょう。

5. データベース情報を入力する

WordPressの記事や、設定されているテーマ、購読者や管理者などのユーザー情報は、全てデータベースに保存されています。

下の画面が表示されたら、今回作成するWordPressのデータベースの情報を入力して下さい。内容はChapter 02で用意した情報になります。

入力内容が分からない場合は、Xserver のMysql情報を確認してください。

3の「パスワード」はMysqlユーザーのパスワードになります。
5の「テーブル接頭辞」は空白でも構いませんが、複数運営する予定があったり、他のアプリケーションやサイトで使用する予定がある場合は半角文字で入力して下さい。

全ての情報が完了したら、「送信」をクリックし先に進んでください。

6. データベース情報が正しいか確認する

前画面で、「送信」をクリックすると、データベース情報が正しいか結果が表示されます。

データベース情報が誤っている場合は、下のような画面が表示されます。誤ったままインストールは実行できないので、「もう一度やり直す」をクリックし、正しい情報を入力しなおしてください。

データベース情報が正しい場合は、下のような画面が表示されます。この画面が表示されたら、「インストール実行」をクリックしてください。

7. 運用するサイトの情報を入力する

WordPressに使用するデータベース情報が正しく入力出来たら、下のような画面が表示されます。

ここで入力する内容は以下の情報です。

7-1 サイトのタイトル

運用するウェブサイトの名前です。この項目は、インストール完了後のダッシュボード画面から変更することができます。

7-2 ユーザー名

WordPressには、管理者や、編集者、寄稿者、購読者といったようなユーザータイプが存在しますが、ここではインストール時に作成する管理者の名前を入力します。この項目もインストール完了後のダッシュボード画面から変更することができます。

7-3 パスワード

管理者のパスワードを入力します。この項目もインストール完了後のダッシュボード画面から変更することができます。WordPressは、自動的にパスワードを生成してくれますので、そのまま使用することができます。

7-4 メールアドレス

管理者のメールアドレスを入力します。コメントや、WordPressの更新など様々な通知がこのメールアドレス宛に送られます。この項目もインストール完了後のダッシュボード画面から変更することができます。

7-5 検索エンジンでの表示

GoogleやBingなど、サーチエンジンがインデックスしないようにしたい場合は、ここにチェックを入れます。一般公開にするのであればここはそのままにします。

7-6 入力した項目はメモしておく

上記の「ユーザー名」、「パスワード」、「メールアドレス」の3つは、インストール完了後のダッシュボードへのログインにすぐ使用することになります。しっかりメモしておいてください。

全項目の入力が完了したら、「WordPressをインストール」をクリックして先に進みましょう。

8. インストールの完了

1つ前の手順までプロセスが完了しているのであれば、インストールは完了できるはずです。完了すると、下のような画面が表示されます。「ログイン」をクリックし先に進んでください。

9. ダッシュボードにログインする

ダッシュボードは管理画面の事ですが、インストールが完了し「ログイン」をクリックすると下のような画面が表示されます。この画面は、管理画面へのログイン画面になります。

ユーザー名と、パスワードは「7.運用するサイトの情報を入力する」で設定した情報になります。メモを確認しコピー&ペースト等で入力し「ログイン」をクリックして下さい。

10. 管理画面へのアクセス・表示を確認する

インストールが完了し、ユーザー名・パスワードが正しくログインが成功したら下のような画面が表示されます。この画面が表示されているのであればWordPressが正しくインストールされたことになります。

管理画面ではなく、ユーザーが閲覧するページを確認するときは、WordPress管理画面の上部にあるメニューバーの、サイト名をクリックします。

クリックすると、インストール直後のデフォルトのテーマによるページが表示されます。

この画面から、管理画面に戻る場合は、先ほどと同じように上部のメニューバーのサイトのタイトルをクリックすると管理画面に戻ります。

11. インストール完了

1-10までの手順をクリアしたらWordPressのインストールは完了です。このまま記事を投稿して行くこともできますし、カスタマイズを開始することもできます。

NOTICE
このページは2019年3月1日に作成されています。閲覧時期によっては情報が古い可能性があります。免責事項をご確認ください。

関連記事

このページのTopへ