2020年6月1日

 ねこ

【コスパ最強、猫ノミ対策】キャットプロテクトプラス

痒みが強くて後ろ足で首元を掻きむしる猫のしぐさ、よくよく見て見るとゴマ粒ほどの大きさで、少し茶の色をしている小さな生物がちょろちょろ動き回っている事があります。

いわゆる猫ノミという虫が猫に住み着いている状態。病院で駆除してもらったり、お風呂に入れることでノミを駆除する事ができますが、仕事が忙しかったり、家事育児に追われているとなかなか思うように対処できないことも多いですね。

猫ノミはどんな虫?

猫ノミの驚異的な繁殖力

ゴマ粒ほどの大きさの猫ノミは猫の体表に寄生して皮膚にかみつき、血を吸う事で養分を得ています。これがメスの猫ノミの場合、吸血により養分を得てから2日以内に産卵します。この卵の数は1日でおよそ30個。驚異的な数の卵を産むのです。

猫に猫ノミが寄生しているのであれば、1匹だけでも日々増え続けてしまうので、時間がないからとそのまま放置してしまうと繁殖がすすみとんでもない数の猫ノミに寄生されてしまう事になってしまいます。

もちろん猫ノミによる健康的な被害も

放置して時間が経過してしまうと、愛猫にアレルギー性皮膚炎や猫の毛から艶が消えたり、ストレスが溜まってしまいます。また、猫は痒みを我慢するような事は無いので、かゆみが発生すると掻きむしってしまい、過剰な引っ掻き傷によって化膿してしまう事もあります。

人に被害及ぶことも

猫ノミが分泌する唾液は猫や人の肌に触れると、唾液に含まれるアレルゲン物質が強烈な痒みを引き起こすこともあります。また、猫ノミが寄生した猫に引っかかれると、猫ノミが媒介するバルトネラ菌が引き起こすリンパ節の炎症や発熱などが引き起こされることもあります。

猫ノミを早めに対策したいけど…

精神衛生上好ましくない状態を早く打破するには、気づいたらすぐ対策をとることが大切です。ですが、ノミ駆除を動物病院でお願いしたりすると時間と、お金が思った以上にかかってしまいます。

また、動物用の保険ではこれらノミの予防や駆除に保険金が下りないケースが多いので、実費での支払いになることが多く、家計を圧迫することもしばしば。そうなると、気軽に治療する事ができないのでノミが繁殖してしまい悪循環に陥ってしまいます。

「愛猫の健康状態には気を使いたいけど、時間とお金の余裕が…」と感じられている方も少なくないはずです。ではどうしたらいいのでしょうか。

簡単・お手軽に実施できる猫ノミ対策!

最近の通販サイトでは、動物病院でも使用されている猫ノミ駆除薬が販売されています。動物病院などでは、投薬代やその他の診察内容が加わるようなこともあり、思わぬ値段になったりしますが、通販サイトであれば購入した商品の料金で対策を行う事ができます。

通販であれば、お届けまでに時間はかかりますが、配達が完了したらその日から猫ノミ対策をすることができます。

6カ月分の猫ノミ対策ができる「キャットプロテクトプラス」

「キャットプロテクトプラス」は、1本で約30日分の猫ノミ対策を行う事ができます。1箱には6本入っているので、1匹であればおよそ半年分の猫ノミ対策をすることができます。

猫への健康被害や安全性は?

そんな気になる「キャットプロテクトプラス」ですが、実際に猫への健康被害や安全性はどうなのか気になるところです。どのような成分が含まれているか気になるのは愛猫に使用するので当然でしょう。

実は「キャットプロテクトプラス」は、動物病院でも使用されている「フロントライン プラスキャット」と同様の成分で構成されています。

「フロントライン プラスキャット」は、長い歴史があるので、動物病院などでノミ駆除をお願いしたことがある方は見たことがあるかもしれません。また、実際に投薬されたことがあるかもしれません。同じ成分で出来ている「キャットプロテクトプラス」も安心して使用する事ができます。

「キャットプロテクトプラス」の値段は?

そんな気になる「キャットプロテクトプラス」ですが、お値段の方はいったいいくらなのでしょうか。値段がそこそこしてしまうならあまり節約できたとは言えないでしょう。

「キャットプロテクトプラス」は、1箱に6本、つまり6回分がセットになっています。飼い猫が1匹であれば1箱購入することで半年もちます。

Amazonでは

国内有名どころAmazonの価格はこの通りです。現状では1店舗のみ販売しており価格は2,820円です。送料は含まれておらず別請求になるようです。

楽天では

楽天でも価格は2,820円。Amazonとの違いは価格に送料が含まれているようで全国どこでも2,820円となるので、Amazonで購入するより送料分安く購入する事ができます。

ショップで購入する

10分もかからない簡単に使える「キャットプロテクトプラス」

自分で薬を愛猫に投薬するのに、難しい手順は必要ありません。個々に密封されているポーションから1つ取り出します。次に、取り出した容器の細いほうの先端を折ります。この状態で容器の反対の方を押すとノミ駆除薬が出てきます。これで投薬の準備は出来ました。

次に愛猫の後ろ首に垂らすため、しっかりと愛猫を抑えてください。成分が同様なため「フロントラインプ ラスキャット」でも同じですが、このノミ駆除薬は猫には鼻への刺激が強いようで、場合によっては暴れて逃げようとします。ですので、しっかりと後ろ首に投薬できるように抑えてあげてください。

愛猫を抑えたら、皮膚に投薬できるように毛並みをかき分けていきます。猫の毛の量は非常に多いので、この作業が少し手間かもしれませんが、正しい使用方法で使用するためにここは頑張りどころです。

地肌が見えたら、用意した猫ノミ薬の細い方、折った先端を地肌にくっつけてポーションを抑えて残さずすべて投薬します。これで完了です。

低予算で安心・簡単に使用できるキャットプロテクトプラス

安心して愛猫に使用する事ができ、尚且つ低予算のキャットプロテクトプラス。実際の効果や、愛猫の健康状態への影響はまだ当サイトでは初めて使用してみたため、確認中です。

フロントラインプラスキャットのジェネリック医薬品として開発されたキャットプロテクトプラスは、いままでフロントラインプラスキャットを使用されていた方にとっては、使い方も慣れている事でしょう。

これまでのノミ対策を、コスパ良好なキャットプロテクトプラスに切り替えることで節約もできるのでお勧めできる猫ノミ薬です。

ショップで購入する
NOTICE
このページは2020年6月1日に作成されています。閲覧時期によっては情報が古い可能性があります。免責事項をご確認ください。

関連記事

このページのTopへ