2020年10月20日

 生活環境

【簡単・効果的】ダニの対策に困っているなら

朝起きてから寝ている間に嚙まれたことに気づいたり、アレルギー物質であるダニの死骸や糞からくるアトピー性皮膚炎やぜん息、鼻炎などに悩みを抱える方は少なくないはずです。

困ったことに、しっかりと目を凝らしてみないと分からない、または見えないほどのサイズのダニの脅威は実はそれだけではありません。

ダニ捕りロボ

ダニってどんな生物なの?

私たちにとって害をもたらすダニですが、いったいどのような特徴があるのでしょうか。生活と密に関係のある屋内に生息するダニは、屋内塵性ダニ類といわれています。

屋内塵性ダニ類はヒョウヒダニ類、ツメダニ類、コナダニ類と分類される中で、ヒョウヒダニ類に分類されるコナヒョウヒダニとヤケヒョウヒダニがその割合を多く占めています。

ダニの大きさは?

屋内塵性ダニ類は種類により大きさは異なりますが、ほとんどが1mm以下にとどまり、およそ0.2mm~1mm程度と手に取ったところで分かりにくいほどに小さい生き物です。

ダニの繁殖力は?

ダニは主に5月から9月における高温多湿の時期に繁殖しやすい傾向がありますが、生活環境の向上とともに、気温の管理がしやすい現代では冬でもその環境を満たしてしまっていることがあります。

さらに、人が生活しているとダニの餌となる人体から舞い落ちるアカ、フケなどが僅か数グラム程度でもその命を維持する事ができてしまいます。

また、繁殖条件が揃ってしまうと時間の経過とともに、急に上昇する曲線のように、爆発的に増殖してしまうのもダニの特長です。

ダニの侵入は防げるの?

いろんな害を私たちにもたらしてしまうダニですが、そもそもそのダニの屋内への侵入を防ぐことはできるのでしょうか。

ダニはとても小さい侵入者

私たちの居住する空間は、人の出入りがあります。ダニは家を出入りする人間やペットなどを媒介して居住空間へ侵入します。例えば、ダニがすでに住んでいる人の家や、ペットとの散歩から帰宅する時に衣服や毛に付着して侵入を許してしまいます。

驚くことに、新築の住宅にもダニはいるとされています。建築過程の際や、小さな隙間さえあればダニは侵入する事ができてしまうからです。

ダニの対策をせずに放置すると何が起きる?

ダニの対策をせずに放置していると思わぬ痛手を負ってしまいがちです。ダニの被害は大まかに時期によって変化していきます。

ダニの被害の種類と時期の関係

ダニが繁殖する時期、春・夏

ダニは1年のうち、5月から7月の程よく暖かい時期に最も繁殖しやすい条件が整います。この時期に繁殖をしても噛まれる被害も多くなるという訳ではありません。

ダニに刺される時期、夏・初秋

人を刺さないダニと、人を刺すダニと種類によって異なりますが、人を刺さないダニであるヒョウヒダニなど他のダニが増えた後に、人を刺しえる他のダニを餌として捕食するダニであるツメダニが増え始めます。

ツメダニが捕食する餌が、5月から7月に増殖しているので、6月から9月はツメダニによる刺咬症などの被害が増え始めます。4月頃から捕食する餌が増えると、それに付随してダニに刺される被害も早くなります。

ダニアレルギー被害の時期、秋

次に、ダニの被害としてあげられるアレルギー。これはダニによる刺咬などによって引き起こされるわけではなく、ダニの死骸や、糞、抜け殻など、ダニ及びダニによって生成された物質に接触、吸引する事で発生します。

つまり、ダニが活発に行動している時期ではなく、ダニがその命を落とした時からダニアレルギーによる被害が増え始めます。1年のうち、8月から10月あたりにおいてこの被害が増え始めます。

生活環境の向上と時期の変化

私たちが住んでいる日本は、昔と比べ大きく生活環境が向上しました。私たちにとって暮らしやすい環境が整いやすくなりましたが、実はダニも同じように、ダニ自身の生活活況としてもいいものになっています。

季節の変化は湿度や気温が異なりますが、クーラーや暖房、加湿器など今の私たちの生活を取り囲む環境には、便利な機器がたくさん揃っています。現代の生活環境の向上を目的とする機器は、ダニの生活環境も向上させています。

季節や時期を問わず、ダニの対策が年間を通して必要な環境になっています。

厄介な被害、ダニアレルギー

ダニアレルギーの被害の元であるダニの死骸や、糞、抜け殻は、秋ごろになり始めると空気が乾燥して徐々に粉砕していき非常に小さな物質となります。0.1mm以下にもなるこの物質は、人が歩いたり、弱い風などで空気中に舞い上がり、私たちの体内に侵入してしまいます。

ダニアレルゲンの症状

そんな小さい物質が体の中に入ってしまうと、人によってはダニアレルギー症状が発生します。ダニアレルギーの症状として以下のようなものがあげられています。

  • 咳、呼吸困難など
  • 充血やかゆみなど
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど
  • 湿疹など

ダニアレルギーによる被害は、刺咬症などとは異なり一度症状を生んでしまうと完治するまで数年かかることもあるのが大きな難点です。

小さなお子さんであればそのかゆみを我慢せずに、掻きむしることもあり色素沈着などを起こして部分的に黒ずんだ肌を後々に後悔してしまう事も少なくありません。

ダニの対策は難しい?

頭を悩ませるダニの被害ですが、どうやって対策するのが効率的なのでしょうか。ダニの対策は時期によって異なってきます。

ダニ対策:繁殖する前の対策

初春から初夏にかけて繁殖しがちなダニの対策としてはこのような対策が有効です。

  • 湿気対策
  • 室内換気
  • 寝具の交換または洗濯

換気をすることで、空気を入れ替え、降り続く雨などによる高湿度な状態にしないことでダニの過ごしにくい環境を作ります。また、寝具はダニの居住環境が整っているので定期的に洗濯したり、交換する事で繁殖を防ぐ事ができます。

ダニ対策:繁殖した時の対策

ダニが繁殖してしまったときは、このような対策が有効になります。

  • 繁殖箇所の洗濯
  • 殺虫剤の使用

上記の通り、繁殖してしまったダニを絶命させる必要があります。布団であれば洗濯・乾燥などを行いダニが生命活動を維持できないようにする必要があります。また、殺虫剤の使用も同様でダニを殺すことを目的とします。

ダニ対策:それ以外の時期の対策

上記以外の時期の対策としては、このようなものがあります。

  • 掃除機によるアレルゲン物質の吸引
  • 換気
  • 餌となるものを除去する定期的な清掃

一般的と言える生活環境をおこなっているのであれば、およそ大きな心配はないと言えます。定期的な清掃や、換気は今の生活が忙しくて余裕がない限りはできると言えるでしょう。

ダニの対策におすすめはこれ!

中には日々の生活習慣に圧迫されていて余裕がない方もいるかもしれません。そんな方でも簡単にダニの対策ができるようなものがあるならぜひ取り入れたいところです。

余裕がない人におすすめなのは「ダニ捕りロボ」です。

ダニ捕りロボ

ダニ捕りロボでダニ対策!

ダニ捕りロボをダニの対策には「これ」という理由は4つあります。

理由1:ダニ捕りロボの効果

ダニの対策で一番必要な要素が「効果」と言えます。効果がないダニの対策をしてもそれは対策とは言えません。

ダニへの誘引力

ダニ捕りロボの効果はまずこの動画をご覧ください。

ダニは非常に小さい生き物なので、生息している場所が深いところであったり、繊維が複雑に絡んでいる場合は、掃除機の吸引力で除去する事が難しくなります。

ですがダニ捕りロボは、ダニ自身がダニ捕りロボに集まってくるように設計されているので、除去しにくい部分に住み着いていても、呼ばれるように引き寄せられるため、ダニ対策としての効果を期待する事ができます。

ダニ退治力

ダニ捕りロボには、誘引剤の中に吸湿性のセラミックが含まれているため、ダニを誘引した際にセラミックがダニの水分を奪います。ダニは乾燥に弱いため、この水分を奪う事でダニを退治する事ができます。

ダニアレルゲンへの処理

ダニの死骸や、誘引された後にダニから生成される糞や、抜け殻もダニ捕りロボの中に残ったままですが、ダニ捕りロボは使い捨てタイプなので使用後はごみ箱に捨てる事でアレルゲンの発生を簡単に処理する事ができます。

理由2:ダニ捕りロボのコスト

簡単にできてしまうダニ対策、ダニ捕りロボですが導入コストはどうでしょうか。ダニ捕りロボには購入に関して幾つかのコースが用意されています。

コース名1回目入数2回目以降
定期コース8,003円5個4,980円
1回限り8,250円5個無し

1回限りのコースは名前の通り、定期的な購入をしない場合のコースです。これは、このダニ捕りロボの効果を確かめたり、一時的に必要な時に利用する事ができます。

定期コースは3カ月に1度配達されるようになっていて、注文忘れなどの心配がありません。ダニの対策は定期的に行う必要があるので、1回限りだけの予定ではない方におすすめのコースになっています。

ダニ捕りロボの1日当たりのコストは?

気になるコストは、各コースそれぞれ下のようになっています。期間の設定については、1カ所に1つ設置した場合です。設置する場所が増える場合それに伴って費用も増加します。

コース名期間1日当たりのコスト
定期コース15カ月17.78円
1回限り15カ月18.33円

それぞれ1日およそ18円程度でダニへの対策ができます。

理由3:ダニ捕りロボの導入の手間

ダニ捕りロボは導入の簡易さもおすすめできるポイントになっています。

気になるポイントにダニ捕りロボを「設置するだけ」とあり、毎日忙しい人でもさっと導入する事ができます。また、難しい管理もないため、年配の方でも簡単に導入する事ができます。

理由4:ダニ捕りロボの安全性

いくら効果があっても、人体への影響があると仕様を控えざるを得ませんが、ダニ捕りロボに使用されている誘引剤は食品粉末、ビール酵母、食品添加物など自然由来の成分で作られています。

人体へ害を与えるような化学性殺虫成分を全く使っていないので、お子様やペットにも安心してご使用でき、さらには国内外の検査機関で各種安全性が立証されています。

継続して対策が必要なダニ対策にとって、ダニ捕りロボは安心して使用する事ができます。

どのような方にダニ捕りロボはおすすめ?

ダニ捕りロボは、基本的にはダニ対策ができない方、追いつかない方にお勧めです。また、このような方にもおすすめです。

  • ダニ刺されなどで困っている方
  • ダニアレルギーをお持ちの方
  • ダニは気になるけど、殺虫剤などの薬品の使用に抵抗がある方
  • 他社商品を使用して効果を感じなかった方
  • 小さいお子様やペットがいらっしゃる方

家族も、自分も、ペットもダニの被害から守るために

効果、安全性、低コスト、簡単導入と4拍子揃ったダニ捕りロボを導入して、清潔な居住空間を維持し、家族やペットの安全を守ってみてはいかがでしょうか。

ダニ捕りロボ
NOTICE
このページは2020年10月20日に作成されています。閲覧時期によっては情報が古い可能性があります。免責事項をご確認ください。

関連記事

このページのTopへ